国連安保理事会の報告書、北朝鮮ハッカーによるサイバー攻撃被害など総括

58億円相当の仮想通貨を不正取得か国連安全保障理事会の「北朝鮮制裁委員会」が提出された年次報告書によれば、北朝鮮は2020年~2021年半ばにかけて、サイバー攻撃を通じて計5000万ドル(約58億円)以上の暗号資産(仮想通貨)を盗難した疑いがある。ロイターが5日に報じた。北米や欧州、アジアを拠点とする、少なくとも3つ以上の仮想通貨交換業者が被害に遭ったとみられる。「仮想通貨へのサイバー攻撃は重要な収入源」報告書によれば、北朝鮮にとって「特に仮想通貨に対するサイバー攻撃は依然として重要な収入源」であり、北朝...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました