MetaMask、ウォレットアドレス使ったウェブサービスのログイン機能に対応

MetaMaskがEIP-4361を実装暗号資産(仮想通貨)の自己管理型ウォレット「MetaMask(メタマスク)」は24日、EIP-4361を実装したことを発表した。EIP-4361(SignInwithEthereum)は、ウェブサービスの認証にウォレットアドレスを使用する機能。Gmailなどの中央集権的なIDに代わり、自己管理型のIDとしてウォレットアドレスを使用可能にする。EIP-4361を実装しているdApps接続時のセキュリティ強化、及びフィッシング攻撃に対するユーザー保護につながる動きだ。
...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました