ブラックロックがS-1申請修正、イーサリアム現物ETF実現近づくか

「良い兆候」と見られる世界最大の資産運用会社ブラックロックは、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの申請で新たに更新したS-1登録届出書をSECへ提出した。正式に取引を開始する前にS-1届出書に認められる必要がある。SECがブラックロックの申請するiシェアーズ・イーサリアム・トラストを含む8つのイーサリアムETF上場申請の19b-4フォームを承認したほぼ1週間後の動きとなる。ブラックロックは更新されたS-1で、ETFのシードキャピタル投資家に関する情報を公開した。シードキャピタル投資家とは、ETFの...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました