ヴィタリック・ブテリン、FTXを「自業自得」と非難

リップル
FTXの突然の破綻は、投資家の資金を市場操作や誤誘導から保護することを目的とした新たな改革の必要性を明らかにした。イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏は、悪名高いマウントゴックス(Mt.Gox)やテラの破綻と比較すると、FTXが行ったことはより大きな詐欺だと考えているようだ。ブテリン氏は、Mt.Goxとテラエコシステムを運営している人々は「大雑把」で、投資家の見方を変えるほど自分たちの上部を飾ろうと必死になることはなかったと指摘。一方、「FTXはその逆で、全面的にコンプライアンスの美徳シグナリングを行った」と述べた。美徳シグナリングは、元々は進化生物学の学術的な言葉とされるが、最近では善行とされることを公の場で行うことを蔑称する用語として使われる。仮想通貨取引所バイナンスのジャオ・チャンポンCEO(通称CZ)は、ユーザー資金を不正に流用したFTXに失望を示し、規制の受け入れと主流の採用という点で業界を数年後退させたと批判した。FTXの不正行為による悪影響を考慮し、ブテリン氏はFTXのCEOであるサム・バンクマン=フリード氏(通称SBF)に対し、次のような言葉を発した。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました