gcuigzqu

リップル

ビットコインのマイニング収益、3カ月で3倍

ビットコインのマイニングで得られる収益が、過去3カ月で3倍の水準に増加している。ビットコインの価格が大幅に上昇したことで、テラハッシュ/秒あたりの収益は、10月初めの約0.078ドルから今月7日時点で0.284ドルに増加した。ルクソール・テ...
リップル

ビットコインの台頭で金が下落か、米CNBCの名物キャスターが仮想通貨シフトを指摘

 1月8日に金(ゴールド)の価格が急落したことを受け、CNCBの名物投資番組『マッドマネー』のジム・クレイマー氏は、仮想通貨の台頭が金の下落の理由の一端ではないかと指摘している。ビットコイン(BTC)や仮想通貨がメインストリームに躍り出てき...
リップル

「価格上昇するほどビットコイン投資のリスクは減少」ビル・ミラーが独自見解を披露

価格上昇でBTC投資のリスクは減少米著名投資家ビル・ミラー氏は8日、CNBCの金融番組で仮想通貨ビットコインに再び言及。ビットコインの価格が上昇するほど、ビットコインの保有は、より安全な投資判断になるとの考えを披露した。ミラー氏は番組上で、...
リップル

仮想通貨ビットコインのボラティリティが急上昇、クジラが利益確定の動きか

 ビットコイン(BTC)価格は4万ドルをサポートとして確立した。しかしBTCが再び史上最高値に向かって押し上げられるにつれて、別の売り圧力に直面する可能性がある。仮想通貨分析企業のマテリアル・インディケーターズ(Material Indic...
リップル

ロンドン証券取引所上場の投資企業、分散型金融(DeFi)に投資

フィンテック投資ファンドがDeFiにも投資へロンドン証券取引所に上場している、1億9,300万ポンド(約272億円)規模のフィンテック投資企業「Augmentum Fintech」が、仮想通貨の分散型金融(DeFi)プロトコルへの投資を始め...
リップル

2021年01月15日 初級セミナー(動画)Polkadot 爆上がり! リップルを時価総額でぶち抜き!

暗号資産(仮想通貨)Polkadot(DOT)の価格が急伸している。ポルカドットの分散型金融(DeFi)に関わる初めての保険マーケットプレイスが立ち上がる予定だ。2021年01月3日に分散化保険マーケットプレイスのPolkaCoverが、I...
リップル

ビットコイン再び400万円──米経済対策詳細発表・2000ドルの給付金配布へ

ビットコイン再び高騰15日のビットコイン(BTC)市場は、続伸。日本円建で400万円台の前日比6%高となり、一時、米ドル建で4万ドルに再びトライした。13日にかけて現物の大量投げなど強い売り圧力が発生したが、懸念されていた3万ドルの重要サポ...
リップル

2021年はレイヤー2が普及フェーズに、Rollupとは?

2021年はレイヤー2が普及フェーズに入る年になるはずです。レイヤー2とは、ブロックチェーンの限定的なトランザクション処理能力を解決するために開発されている技術です。レイヤー1であるブロックチェーンとは異なるレイヤー2に置かれたオフチェーン...
リップル

年金基金もビットコイン投資に参戦、仮想通貨ファンドのグレイスケールCEOが言及

グレイスケールの新たなCEOに就任したマイケル・ゾンネンシェイン氏は、ブルームバーグに対して、年金基金がグレイスケールの商品を通じて仮想通貨に積極的に投資していると語った。「長い間投資に参加してきたヘッジファンドセグメントからだけでなく、最...
リップル

ソラナ(Solana)が進めるインターオペラビリティ戦略とは?

ソラナ(Solana)は、2020年にローンチしたブロックチェーンで、秒間5万トランザクションを実行できる点で期待されています。ソラナについて基礎的な情報はこちらの「ソラナ(Solana)とは?秒間5万トランザクションを処理できるブロックチ...
リップル

リップル社出資のプロジェクト「Flare Networks」、ライトコイン(LTC)を統合へ

ライトコインを統合へ暗号資産(仮想通貨)XRPのネットワークにスマートコントラクト機能を導入することを目指して開始したプロジェクト「Flare Networks」は8日、2021年前半に予定されるメインネットのローンチに先立ち、ライトコイン...
リップル

ビットコインの“クジラ”、過去最多を更新──機関投資家の参入継続の兆し

1000ビットコイン(現在のレートで約40億円相当)を保有するアドレスの数が過去最多となった。「クジラ」と呼ばれる大口保有者が暗号資産のビットコインを積極的に購入し、価格を支える可能性がある。大口保有者のアドレス数は昨年末の2221から23...
リップル

米モルガンスタンレーがビットコイン大量保有のマイクロストラテジー社株10%取得

米投資銀行のモルガンスタンレーがビットコイン投資で有名な市場調査企業マイクロストラテジー社の株式10.9%を取得していたことがわかった。1月8日に米証券取引委員会に提出された資料でわかった。マイクロストラテジー社は米株式市場ナスダックに上場...
リップル

仮想通貨USDT(テザー)の財務記録提出期限迫る──1月15日

15日が提出期限テザー社が仮想通貨USDT融資に関する財務記録を提出する期限1月15日(米時間)が迫る。現在係争中のテザー社の不正融資疑惑を巡る裁判で、ニューヨーク司法当局(NYAG)は、8.5億ドルの不正融資疑惑に関連するテザー社のUSD...
リップル

仮想通貨ネムの新チェーンSymbol、権利確定日時が延期へ

スナップショットが延期にネム公式の発表によると、仮想通貨ネムの新ブロックチェーンSymbolに関する権利確定日時(スナップショット)が延期することになった。日本時間9日朝7時に終了したPOI(コミュニティ)投票の結果として、「スナップショッ...
リップル

新型コロナのワクチン接種、VeChainのブロックチェーン上で記録 | キプロスの病院で導入

 地中海の島国キプロスで、国内最大の民間医療施設の1つである「キプロス地中海病院」は、新型コロナウィルス(COVID-19)のワクチン接種記録をVeChainのブロックチェーンで保存している。VeChainはサプライチェーンのロジスティック...
リップル

ビットコインは「半減期後の強気サイクルの始まりにある」=仮想通貨企業ディジネックスCEO

 ビットコインは3万5000ドルを突破し、驚異的な価格上昇を続けている。米ナスダック上場の仮想通貨企業ディジネックス(Diginex)のリチャード・バイワースCEOは、現在のビットコインの上昇は、半減期後の強気サイクルの始まりだと指摘してい...
リップル

スイスのFiCAS、暗号資産の上場商品をEU全域で販売──当局から認可取得

暗号資産の資産運用を手がけるスイスのFiCAS AGが、スイス取引所(SIX)に上場している暗号資産の上場取引型金融商品(ETP)を同国内に限らず、EU全域で販売するための認可を取得した。認可の対象となるは「15 FiCAS Active ...
リップル

仮想通貨イーサリアム、3年ぶりに1200ドル突破 | 上昇を支えるファクターは?

イーサリアム(ETH)を取り巻く熱狂の渦はさらに激しくなり、ETHは3年ぶりに1200ドルを突破した。ビットコインのパラボリックな反発やETH先物契約への期待、分散型金融(DeFi)セクターの活況といった要因が、合流することによって、今回の...
リップル

ビットコイン先物、CMEが最大の取引所に──機関投資家の参入続く

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が、ビットコイン先物取引における最大の取引所となった。ビットコイン先物の建玉(未決済の約定総数)は6日、110億ドル(約1.14兆円)を記録したが、そのうちの21億ドル(19%)をCMEが占めた。暗号資...
リップル

ビットコインは4万ドルを前に「健全な調整」か? 仮想通貨アナリストが指摘

 ビットコイン(BTC)は1月7日に史上最高値を更新し、4万ドルが射程に入ってきた。Cryptocurrency market overview. Source: Coin360ビットコイン価格は3万7800ドルにCointelegraph...
リップル

ビットコインの「くじら」、過去最多に──価格下落時に買い増しか

大口アドレスが増加仮想通貨ビットコイン(BTC)を1000BTC(35億円相当)以上保有しているアドレスの数(大口投資家)が、過去最高数の記録を更新した。ブロックチェーン分析企業Glassnodeのデータによると、11日に2140まで当該ア...
リップル

イーサリアム創設者が語る「デジタル金融の未来」【3/1-2開催 btokyo ONLINE 2021】

日本最大級のブロックチェーンカンファレンス「btokyo」が、「btokyo ONLINE 2021(ビートウキョウ・オンライン2021)」として、2021年3月1・2日の2日間で開催される。同カンファレンスで行われるセッション「デジタル金...
リップル

機関投資家がビットコインを売却する予想価格帯は? ブルームバーグ報道

今後のビットコインの値動き米大手仮想通貨(暗号資産)決済企業BitPayのSonny Singh最高商務責任者(CCO)は5日、米大手メディア『ブルームバーグ』のインタビューで、ビットコイン(BTC)の価格について自身の見解を語った。現在は...
リップル

「仮想通貨ウォレットからカジノに資金転送」スロットマシン・メーカーが特許取得

スマホからカジノに資金転送世界最大規模のスロットマシン・メーカーInternational Game Technology(IGT)が、暗号資産(仮想通貨)ウォレットからカジノに仮想通貨を転送する技術について特許を取得した。これにより、カジ...
リップル

仮想通貨ビットコイン、4万ドルも視野に | 上昇トレンド継続のためのポイントは?

ビットコイン(BTC)にとって、2020年は驚異的な年だった。1年でBTC価格は311%上昇した。ビットコインとともに、イーサリアムにとっても20年は素晴らしい年だった。イーサリアムの価格は1年間で475%上昇している。2021年になり、わ...
リップル

ShapeShift、直接分散型取引所に接続できる新サービス発表

DEXへのアクセスを可能にノンカストディアルな暗号資産(仮想通貨)取引サービスを提供するShapeShiftは6日、分散型取引所(DEX)のプロトコルを同社のプラットフォームへ統合したことを発表した。ユーザーはShapeShiftのプラット...
リップル

BTC急落も上昇トレンド維持 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコイン

 BTC/USDビットコインは1月10日に35,111.58ドルの安値まで下落したが、価格は急回復し、38,161.04ドルで取引を終了した。しかし、弱気派が再び積極的に売りを仕掛けてきている。BTC/USDT daily chart. S...
リップル

ビットコイン(BTC)プライバシー強化のTaprootなどの大幅アップグレードへの期待

ビットコイン(BTC)は2017年以来待望のアップグレード「タップルート(Taproot)」が今年にも実装されるのではないかとの期待が高まっています。Taprootによって、ビットコインはプライバシーとスケーラビリティ(拡張性)、フレキシビ...
リップル

米仮想通貨ファンドBitwiseの運用資産総額が520億円超に、機関投資家の需要増

米Bitwise、運用資産額が2ヶ月弱で5倍に米仮想通貨投資ファンドBitwise社が、運用資産総額(AUM)5億ドル超になったことを発表した。機関投資家を対象にした同社のインデックスファンドは20年10月末に1億ドルを突破したばかりである...
タイトルとURLをコピーしました