gcuigzqu

リップル

仮想通貨と海外転勤(海外移住)について|税理士 木田穣

暗号資産を保有したまま海外移住する場合についてはじめまして。税理士の木田と申します。このコラムでは、仮想通貨と海外転勤(海外移住)についてお話します。日本に居住している個人が、含み益がある仮想通貨(暗号資産)を保有したまま海外転勤(1年以上...
リップル

ゼロ知識証明、ステーキング、MEV──弱気相場でも好調なイーサリアムのテクノロジートレンドとは

先週は暗号資産投機家にとってエキサイティングな週となった。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)をはじめとする暗号資産の価格が2桁台の上昇となった。しかし、長期的な価格チャートを見ると、状況はより明確。それほど好調ではない。1年前、...
リップル

現在のビットコインはアジア時間に上昇傾向、米株相関指数は1年ぶり低水準に

マクロ経済と金融市場19日の米NY株式市場では、ダウは前日比252ドル(0.8%)安で取引を終えた。米新規失業保険申請件数が市場予想を下回り、雇用の強さを示したことで、FRB(米連邦準備制度)による利上げ長期化および景気後退リスクへの警戒感...
リップル

FTX破綻から新たに学ぶ教訓はない【オピニオン】

新しい年が始まったが、私はこの先、暗号資産懐疑派に何もプレゼントする必要がないことを理解している。なぜなら、業界として私たちはすでに、何十億ドルもかけて、真にプライスレス(値段がつけられないほど貴重)で、絶対に流行遅れにならないプレゼントを...
リップル

オプション指標がプラスに──この先6カ月の価格予想は強気

この先6カ月のビットコイン(BTC)価格に対する期待値が久々にプラスに転じ、ビットコインの直近の反発に対するもう1つの自信を示している。デジタル資産データプロバイダーのアンバーデータ(Amberdata)によると、ビットコインの180日コー...
リップル

コールドウォレット資産を活用 バイナンスが機関投資家向けの新機能ローンチ

機関投資家のセキュリティ向上へ大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスのカストディ部門「Binance Custody(バイナンス・カストディ)」は16日、新たなソリューション「Binance Mirror」を正式にローンチしたことを発表し...
リップル

23年のNFTゲームのトレンド:業界幹部はより多くの大手企業参入を予想

非代替性トークン(NFT)を少しずつ取り扱い始めた伝的なゲーム企業に対し、ゲーマーたちの当たりがきついにもかかわらず、NFTゲーム業界の企業幹部たちは、今年、より多くの伝統的なゲーム企業がこの分野に参入することを期待している。主流のゲーム企...
リップル

カルダノの開発企業IOG、ブロックチェーンを強化するサイドチェーンツールキットを展開

カルダノ(Cardano)ブロックチェーンを開発するInput Output Global(IOG)は、カスタムサイドチェーンを構築するためのツールキットを用意し、開発者がシステム上で特定のユースケースのためのブロックチェーンを作成できるよ...
リップル

3月予定の上海アップグレード、イーサリアム市場に与える影響は?

ステーキングETHの出金制限解除暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の次期アップグレード「Shanghai」について、23年3月頃の実施が見込まれる。ステーキングされたETHの引き出しが可能になるため、市場参加者の間でETH価格への影...
リップル

市場の新しい哲学:テクノロジーを具現化した資産

最近、暗号資産に懐疑的な人たちからの「だから、価値などないと言ったじゃないか」というコメントを聞いているうちに、はっきりわかったことがある。つまり、前回、価格が弱気サイクルから上昇して以来、一般の人たちの暗号資産に対するイメージがどれほど変...
リップル

ブロックチェーン、企業の未来にERPと同じくらい重要な理由【オピニオン】

大いなる切り離しが進行中だ。ここ数カ月の苦境に希望の光を見るとしたら、ブロックチェーンの世界を金融エンジニアリングから、真の価値を創造する、より魅力的なビジネス用途へと向かわせる可能性かもしれない。価値と価格を切り離す私たちは昨年、暗号資産...
リップル

2023年、伝統的な金融機関による仮想通貨企業の買収が増加=リップル幹部が予測

リップル社幹部によると、2023年には健全な企業がより多くの仮想通貨およびブロックチェーン企業を買収することになり、仮想通貨業界の統合が進むことになるという。リップル社の欧州担当マネージングディレクターであるセンディ・ヤング氏は、1月9日に...
リップル

ロシア中央銀行、第1四半期にCBDCを使ったクロスボーダー決済システムの研究を開始

ロシアの中央銀行は、ウクライナ侵攻に伴う制裁措置が続く中、中央銀行デジタル通貨(CBDC)を使ったクロスボーダー決済システムの開発に着手すると報じられている。地元メディアの1月9日の報道によると、ロシアのデジタル・ルーブル計画は2023年の...
リップル

FTXの盛衰物語にハリウッドも注目、制作ラッシュ相次ぐ

事実は小説より奇なり破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所FTXの創設者、サム・バンクマン=フリード(SBF)氏の栄枯盛衰を題材とした、映画やドラマ・シリーズの制作が進んでいるようだ。創設から2年という短期間に暗号資産(仮想通貨)業界を席巻した...
リップル

22年に仮想通貨市場が被った損失は●●億ドル=レポート

Web3エコシステム向けバグバウンティおよびセキュリティサービスプラットフォームであるImmunefiが6日、仮想通貨業界が22年に合計39億ドルの損失を被ったことを明らかにする報告書を発表した。同報告書によると、ハッキングが損失の主な原因...
リップル

フランス中銀総裁「仮想通貨企業のライセンス登録義務化を」

「ライセンス登録義務化が必要」フランス中央銀行のフランソワ・ビルロワ・ド・ガロー総裁は5日、年頭スピーチを行った。その中で暗号資産(仮想通貨)の規制に関しても言及している。ガロー総裁は、2022年には仮想通貨市場の混乱も一つの要因となって、...
リップル

マウントゴックス、債権者の弁済期限日などを延長

各期限日を変更2014年に経営破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所マウントゴックス(Mt.Gox)は6日、裁判所の許可を得て、債権者が弁済方法の選択と弁済先情報の登録を行う期限を、2023年1月10日から同年3月10日に変更したと公表した。変...
リップル

2023年の仮想通貨スタートアップ、資金調達がより困難な年になる=レポート

昨年は、仮想通貨企業の大きな破綻とそれに続くFUD(恐怖・不確実性。疑念)の津波にもかかわらず、仮想通貨ベンチャーキャピタルにとって大きな1年となった。しかし、今年は資金が簡単に流れないかもしれないと、仮想通貨リサーチャーは警告している。ギ...
リップル

EVM(イーサリアム・バーチャル・マシン)の2023年は?【コラム】

イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンは、チェーン上での汎用スマートコントラクト・レイヤーの先駆けとなった。そのため、EVM(Ethereum Virtual Machine:イーサリアム・バーチャル・マシン)が大部分のWeb3開...
リップル

ヴィタリック・ブテリン氏、2023年に向けて強気な姿勢を強調

イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏は、イーサリアムのロードマップにあるロールアップスケーリングの新たなマイルストーンに到達するなど、2023年に入り強気な姿勢を示している。同氏は、3月に設定された次期上海アップグレードに...
リップル

初心者でもわかる、仮想通貨ウォレット「MetaMask」の使い方

セルフカストディに対する関心急増22年11月に起こったFTX破綻、およびそれに追随する中央集権型取引所の倒産により、自己管理型ウォレットへの関心が急増しています。暗号資産メディア「Decrypt」によると、ハードウェアウォレット開発企業「L...
リップル

「仮想通貨冬の時代」は2023年に終わらない=デビッド・マーカス

ビットコインが「不謹慎なプレイヤーの乱用から回復する」ために少なくとも2024年までかかると、業界で最も有名な人物の一人が述べている。12月30日に公開されたブログ記事で、ビットコイン企業LightsparkのCEO兼創設者のデビッド・マー...
リップル

2023年の暗号資産:10の予測

1年前を思い出してみよう。ビットコイン(BTC)は5万ドル前後で取引され、スポーツ観戦の際には暗号資産企業の広告を見ないことはなかった。取るに足らないようなNFTを発行するだけでリッチになれた、あるいは少なくともリッチになれる気がした。当時...
リップル

2022年のビットコインは全四半期でマイナス濃厚、大口投資家の関心低下浮き彫りに

マクロ経済と金融市場29日の米NY株式市場では、ダウは前日比345ドル(1.05%)高と反発して取引を終えた。ここのところハイテク株を中心に下落基調が強まっていたことから、押し目買いや空売りの買い戻しを含む自律反発の範疇との見方が優勢だ。中...
リップル

仮想通貨投資家も実践する「レバレッジ取引」とは|初心者向けに解説

暗号資産(仮想通貨)などの金融資産では、手元にある資金の範囲内で取引を行うことが基本です。一方で、手元の資金よりも大きな利益を狙える手法もあります。この手法として活用できるのが「レバレッジ(証拠金)取引」。しかしながら、資金よりも大きな利益...
リップル

2022年、暗号資産関係で怒らせた5つのこと【コラム】

2022年に私をイラつかせた暗号資産関連の出来事を5つにまとめてみた。もちろん、5つよりはるかに多かったが、「市場の低迷」といった明らかなものは面白くないので含んでいない。1. FTX/アラメダ/バンクマン-フリード詐欺暗号資産関係者がこの...
リップル

欧米休場でビットコイン動意せず、投資家心理改善の糸口見えぬ中

マクロ経済と金融市場欧米など株式市場がクリスマス休暇の休場で薄商いにあるなか、暗号資産(仮想通貨)相場も動きは鈍い。本日より市場参加者が復帰することから、今後はボラティリティ(価格変動性)上昇も予想される。ビットコインのヒストリカル・ボラテ...
リップル

仮想通貨は大手機関投資家にとって存在しない資産=JPモルガン幹部

JPモルガン・アセット・マネジメントの機関投資家ポートフォリオ戦略責任者であるジャレッド・グロス氏がブルームバーグに語ったところによると、大手機関投資家は依然として仮想通貨市場から大きく遠ざかっているという。「資産クラスとして、仮想通貨はほ...
リップル

急増する仮想通貨プロジェクトの「ラグプル(出口詐欺)」、その手口とは?

ラグプル(出口詐欺)の増加ブロックチェーン監視プラットフォームのSolidus Labsは22日、スキャム(詐欺)機能を組み込んだ暗号資産(仮想通貨)を活用する「ラグプル(出口詐欺)」が、2022年に急増したことを報告した。12月1日までに...
リップル

米Coinbaseレポート、2023年仮想通貨市場の注目点とは?

2023年の展望機関投資家向けの暗号資産(仮想通貨)投資サービスを提供する米Coinbase Institutionalは20日、2023年の展望に関するレポートを公開した。「2023 Crypto Market Outlook」と題された...
タイトルとURLをコピーしました