gcuigzqu

リップル

イーサリアムL2ソリューション「Arbitrum」、超高速版のNitroを発表

より高速の「Arbitrum Nitro」仮想通貨イーサリアム(ETH)のレイヤー2ソリューション「Arbitrum(アービトラム)」は12日、桁違いに高速とするネットワーク「Arbitrum Nitro」の開発に取り組んでいることを明かし...
リップル

16億ドル相当のビットコインを買ったのは誰か?その理由は?

長時間のドライブ中の小さな子供のように、暗号資産(仮想通貨)市場は先週、絶えず面倒な質問をし続けていた。「なぜ?」と。具体的には、10月6日の数分間で、16億ドル(約1800億円)相当もの大量のビットコイン(BTC)を誰がなぜ買ったのか?多...
リップル

米SEC、ビットコイン先物ETFを間もなく承認か=ブルームバーグ報道

ブルームバーグの報道によれば、ビットコイン上場投資信託(ETF)が間もなく承認される可能性がある。ブルームバーグは「この問題に精通した人物」の話として、米証券取引委員会(SEC)が米国で最初のビットコイン先物ETFを承認する準備が整っている...
リップル

チャート上では上昇トレンドへの転換が示唆、ビットコイン最高値700万円も視野に

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)2日〜8日レポート:今週のビットコイン(BTC)対円相場は、週明けから上値を追う展開を繰り広げ、8日正午時点ではおよそ5ヶ月ぶりに節目の600万円を回復している。バイデン米大統領が米国のデフォ...
リップル

暗号資産普及でトップにランクインしたアジアの国々:チェイナリシス・インデックス

ブロックチェーン分析企業のチェイナリシス(Chainalysis)が発表する2021年版「Geography of Cryptocurrency(暗号資産の地理学)」レポートでは、新興市場におけるダイナミックなトレンドに焦点を当て、世界中の...
リップル

2021年10月13日 初級セミナー(動画)最近の価格上昇も踏まえて… 恒例のお勧めの仮想通貨(暗号資産)

■最近の米国の投資家の傾向"ビットコインへのセンチメントが好転したのは、米国でビットコインETFを認める可能性があるという、SECのゲイリー・ゲンスラー議長の建設的な発言によるものだと考えています。"この発言から機関投資家はBTCに資金をつ...
リップル

ビットコインはキャズムを超えた?高まるアニマルスピリッツ

ビットコインは4日続伸して一時5万5000ドルをつけた後、小休止モードに入った。仮想通貨投資家が代わりにマネーを投下したのはアルトコインだ。10月6日(UTC時間)にビットコインのドミナンス(時価総額全体に占める割合)が2ヵ月近くぶりに45...
リップル

ビットコイン高騰で5ヶ月ぶり水準の600万円台に、機関投資家の流入加速

伝統金融市場の値動き日本国内のガソリン代が全国平均160円を超えるなど、およそ3年ぶり水準まで上昇した。背景にあるのが、新型コロナウイルスのワクチン接種が進んだことによる世界的な経済活動再開に伴う、石油需要の上昇だ。米ニューヨークの原油先物...
リップル

ジョージ・ソロス設立のヘッジファンド、ビットコインなど仮想通貨の保有を認める

ソロス・ファンドCEO、仮想通貨保有明かす世界の3大投資家の一人であるジョージ・ソロス氏が設立したSoros Fund Management社のDawn Fitzpatrick CEOは6日、ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)...
リップル

2013年のデジャブ?ビットコイン、年末ラリーに向けて好材料揃う【Krakenリサーチ】

9月のビットコイン(BTC)は7%のマイナスと、5月以来で最悪のパフォーマンスだった。9月はビットコイン史上最も成績の悪い月であることに加えて、中国による暗号資産(仮想通貨)サービス全面禁止の発表が重しとなった。中米のエルサルバドルによるビ...
リップル

ポリゴンのアクティブ・ユーザー数、イーサリアム超え

イーサリアム(ETH)ブロックチェーンのレイヤー2ソリューション「ポリゴン(Polygon)」のアクティブユーザー数が爆発的に増加している。polygonscanのデータによると、ポリゴンの1日あたりのユニーク・アクティブ・アドレス数は10...
リップル

下降トレンド続いたビットコイン、センチメント転換の分岐点に突入か

各指標の騰落率一覧1日の終値時点の週間騰落率は、以下のようになった。週間騰落率(CoinPost作成)月初来騰落率月間騰落率(CoinPost作成)年初来騰落率年間騰落率(CoinPost作成)(今週の騰落率は、先週の終値、今週の終値を用い...
リップル

IMF(国際通貨基金)、仮想通貨の規制強化を促す

IMF、仮想通貨のリスクを指摘国際通貨基金(IMF)は1日、暗号資産(仮想通貨)の普及が金融の安定性に与える影響について考察した「Global Financial Stability Report」というレポートを公開した。レポートでは仮想...
リップル

5万ドルのビットコインは「究極のベアトラップ」 BTC価格は上昇なるか

ビットコイン(BTC)は5万ドル付近で推移するなか、その動きは「究極の」ベアトラップではないかとの声が上がっている。ベアトラップとは、相場が下落しサポートを下抜けたことで、さらに下落するとの予想に反して、反発することだ。人気トレーダー兼アナ...
リップル

シンガポール、2社に仮想通貨関連ライセンスを付与

2社が決済サービス法ライセンス取得シンガポール大手銀行DBS傘下の証券会社DBS Vickersおよびオーストリア発の仮想通貨取引所Independent Reserveは1日、シンガポールの金融庁(MAS)から、決済サービス法における「主...
リップル

分散型金融、ロックされた価値は1年で936%増加 | NFTも大きく成長=DappRadar

分析プラットフォームのDappRadarの新しい調査によると、分散型金融(DeFi)と非代替性トークン(NFT)市場が大きく成長したことが明らかになった。DappRadarの9月30日のバリューフローレポートによれば、NFTとブロックチェー...
リップル

スイス初、FINMAが仮想通貨ファンドを承認

スイス初の仮想通貨ファンドスイスで、初めて暗号資産(仮想通貨)ファンドが規制当局FINMAによって承認されたことがわかった。ファンドを提供するのは、同国の仮想通貨投資企業Crypto Finance AGで、同国の証券取引所SIX Swis...
リップル

2021年10月02日 初級セミナー(動画)久々のお勧め通貨と中国ショック!

■中国リスクによる資金の流れ中国が規制強化を打ち出して以来の数日間は、DeFi(分散型金融)やNFT(非代替性資産)市場で最も普及するデジタルウォレットの「MetaMask」や分散型デリバティブプロトコル「dYdX」のユーザー数急増が観測さ...
リップル

ツイッター、NFTの認証機能をテストか エンジニアがデモ画面を公開

NFTの認証機能をテストか米ツイッター社は、NFT(非代替性トークン)の認証機能をテストしていることを報告する動画が公開された。ツイッターの暗号資産(仮想通貨)やNFTに関するサービスに携わるエンジニアが動画を投稿。まだ最初の実験段階だとし...
リップル

IOSTとNFTプラットフォーム「パレット」が提携、IP分野で協力

非代替性トークン(NFT)特化型ブロックチェーン「パレット」を手掛けるハッシュパレット(Hashpalette)は、IOSTと戦略的パートナーシップを締結し、知的財産(IP)分野で協力を進める。HashpaletteとIOSTが9月28日に...
リップル

カルダノ、複数の戦略的パートナーシップを発表 通信業界からDeFiまで

複数のパートナーシップイーサリアムのライバルと評されるカルダノ(Cardano)は、25日と26日の両日開催されたカルダノ・サミット2021で、幅広い分野の企業と戦略的パートナーシップを締結したと発表した。中でも米国のフォーチュン500企業...
リップル

荒れ模様のビットコイン、来週控える要人の声明にも注目を

各指標の騰落率一覧24日の終値時点の週間騰落率は、以下のようになった。週間騰落率(CoinPost作成)月初来騰落率月間騰落率(CoinPost作成)年初来騰落率年間騰落率(CoinPost作成)(今週の騰落率は、先週の終値、今週の終値を用...
リップル

中国の暗号資産禁止、関係者はどう見る?

暗号資産にとって、中国では事態は悪化している。中国で24日に出された暗号資産(仮想通貨)取引の全面禁止は、これまでのものと比べるときわめて深刻だ。中国人民銀行は、海外の暗号資産取引所が提供するサービスをはじめ、暗号資産関連の取引を違法と見な...
リップル

「チップ機能」発表、ビットコイン決済も提供:ツイッター

米ツイッターは24日、「チップ機能(Tips)」を発表。ユーザーは決済サービスのリンクをプロフィールに掲載できるようになった。まずiOSユーザーに提供を開始し、数週間後にはAndroidユーザーも使えるようになるという。アメリカ(ニューヨー...
リップル

ソラナ基盤のDEX「Orca」、コインベースベンチャーズなどから20億円調達

日本開発者関連のDEXがコインベースなどから資金調達暗号資産(仮想通貨)ソラナ(SOL)基盤の分散型取引所「Orca」は22日、シリーズAで、複数の機関投資家から20億円(1,800万ドル)を調達したことを発表した。資金調達ラウンドを主導し...
リップル

米クラーケンのアプリ、Apple PayとGoogle Payにも対応

デジタルウォレットの対応拡大米暗号資産(仮想通貨)取引所Kraken(クラーケン)はアプリのユーザーがApple PayとGoogle Payを使って銘柄を購入できることを発表した。公式発表によると、クラーケンのアプリには、Apple Pa...
リップル

米PayPal、仮想通貨・デジタル金融の新アプリを発表

PayPalのワンストップアプリ決済大手PayPal(ペイパル)社は21日、暗号資産(仮想通貨)を含むデジタル金融を一括で管理できる新たなアプリを発表した。発表によると、このアプリは国際送金、仮想通貨の売買と保有、法定通貨の高金利預金、アプ...
リップル

初心者でもわかる「SushiSwap」とは|特徴と仕組みを解説

ミームとして誕生したDEX先進的な技術が次々と開発されているDeFi(分散型金融)分野において、特に話題に事欠かず、様々な面で常に業界の注目を集めてきたプロジェクトが、SushiSwap(スシスワップ)です。SushiSwapは元々、分散型...
リップル

中国恒大やFRBの決定受け、価格上昇 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)

  BTC/USDTビットコインは9月21日にネックラインを下回って急落し、弱気のヘッドアンドショルダーパターンが完成した。しかし、9月22日に強気派が価格をネックラインの上に押し戻したことはポジティブに捉えられる。これは下値での強い買いを...
リップル

ビットコイン、第4四半期には強気に=仮想通貨アナリスト「●万5000ドルが次のターゲット」

取引プラットフォームのDecentraderは、ビットコイン(BTC)が今年第4四半期に少なくとも8万5000ドルにまで上昇し、さらに10万ドルを超える可能性もあるとの予測を出している。今週、BTC価格は5万ドル未満に抑えられているが、アナ...
タイトルとURLをコピーしました