08年金融危機

リップル

ビットコイン相場の陶酔感収まる 4万ドル割る可能性は?

 ビットコインの価格調整が続いている。2月22日に58000ドルを突破し最高値を更新してから一週間で44000ドル台まで下落しており、市場の陶酔感は収まったかたちだ。「仮想通貨・恐怖と貪欲(フィア・アンド・グリード)指標」は一か月以上90以...
リップル

Polkadot(DOT)のステーキング方法の解説

本コラムでは、Polkadot(DOT)のステーキング方法を解説します。DOTはステーキングできるアセットなので、トークン保有者は所定の手続きをしステーキングすることで利子のようにDOTを増やすことができます。Polkadotの基本的な解説...
リップル

仮想通貨投資商品のグレイスケール、分散型金融(DeFi)トークンも検討リストに

 グレイスケールは、分散型金融(DeFi)関連の資産を株式市場にデビューさせようとしている。26日のプレスリリースで、ビットコイン信託といった仮想通貨を対象とした人気投資商品を手掛けるグレイスケールが、検討中である新しい資産のリストを公表し...
リップル

仮想通貨カルダノ(ADA)時価総額3位に浮上、その3つの背景は

ADA最高値更新暗号資産(仮想通貨)カルダノ(ADA)は27日、価格が史上最高値(1.29ドル)に到達し、仮想通貨バブルだった2018年1月の最高値(1.18ドル)を上回った。出典:CoinGeckoまた、今週の続伸を受け、現在その時価総額...
リップル

仮想通貨ビットコイン、弱気シナリオを払しょくする条件は?

 ビットコイン(BTC)価格は4万8000~5万1000ドルのレンジでの値動きとなっており、5万1600ドルのレジスタンスを抜け出すことができていない。ビットコインが短期的に5万1600ドルのレジスタンスを突破するのに苦戦した場合、調整の可...
リップル

2020年02月25日(動画) 最近の暗号資産(仮想通貨)の話題と気になるアルトコイン

■カナダのベルサ銀行(Versa Bank)は24日、カナダドル裏付けのデジタル通貨「VCAD」を発売すると発表した。将来的に米ドル裏付けのステーブルコインVUSと、ユーロ裏付けのVEuroを開発する計画も明らかにした。VCADはカナダの銀...
リップル

マイクロストラテジー社、1000億円相当のビットコイン追加購入

米ナスダック上場企業MicroStrategy社が24日、10.26億ドル(1087億円)のビットコインの追加購入を発表した。今回の資金は、転換社債の発行で資金調達したもので、目論見書通りにビットコインを追加購入に充てた格好だ。転換社債は、...
リップル

ツイッター創業者経営のSquare、約180億円相当のビットコインを追加購入

Squareのビットコイン追加購入ツイッター創設者であるJack Dorsey氏が経営するSquare社は24日、1億7000万ドル(180億円)相当のビットコインを購入したことを発表した。購入したビットコインの数は、3,318 BTCだと...
リップル

速報 テザー裁判、和解へ

テザー裁判、和解へ係争中となっていた8.5億ドルの不正融資疑惑を巡る裁判について、テザー社、Bitfinexが米ニューヨーク司法当局(NYAG)との和解に至ったことがわかった。ニューヨーク州司法長官が、巨額の損失を隠ぺいした疑いで、香港に拠...
リップル

急反発のBTCやアルトコイン 今後の動きは? 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコイン

BTC/USDビットコインは2月19日に上昇チャンネルのレジスタンスラインを突破したが、勢いを取り戻すことはできなかった。これは、現在の上昇トレンドが疲弊していることを示している。トレーダーは今日、積極的に利益を確定し、価格を20日指数移動...
リップル

リップルがワイオミング州で事業登録

米ブロックチェーン決済企業のリップル社が米ワイオミング州で事業登録を行った。ワイオミング州の記録によると、Ripple Markets WY LLCを2020年2月に申請後、現在は「アクティブ(活動中)」と記載されている。リップルの登録代理...
リップル

【確定申告特集1~2】課税の対象となる利益はいつ発生する?損益発生のタイミングについて|Aerial Partners寄稿

導入ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など、主要な暗号資産(仮想通貨)の価格が高騰し、2020年度は仮想通貨市場が大きく盛り上がった年となりました。過去の年度と比較して利益が出ている方が増えているかと思いますが、ここで気になるの...
リップル

米著名ベーシストのジーン シモンズ氏が3160万円相当の仮想通貨カルダノ買い公表で物議

 米ロックバンド「キッス(Kiss)」の著名ベーシストであるジーン・シモンズ氏が、30万ドル相当(約3160万円)の仮想通貨カルダノ(ADA)を購入したことを明らかにし物議をかもしている。2月19日、シモンズ氏は「カルダノ (ADA)を30...
リップル

億万長者ビル・ゲイツ氏、ビットコインに対する「現在のスタンス」を語る

ゲイツ氏の見方は?億万長者のビル・ゲイツ氏の暗号資産(仮想通貨)ビットコインに対する考えに、多少の変化が生じている。CNBCの金融番組Squawk Boxに出演したゲイツ氏は、自身がビットコイン(BTC)を所有していないことを明かし、ビット...
リップル

初級セミナー(動画)2020年02月18日 アルトコインのターン!

■ビットコインが17日午後、51500ドルをつけ高値を更新した。ビットコインは前日5万ドルを初めて突破したばかり。ビットコインの時価総額は100兆円台にのせ、フェイスブックやテスラ、また中国のテンセント、アリババ等企業の時価総額を超えた。こ...
リップル

機関投資家マネー、アルトコインにも流入=ブルームバーグ

仮想通貨PolkadotのETPを購入従来の大手金融企業が、暗号資産(仮想通貨)Polkadot(DOT)の上場投資商品(ETP)を購入していることが分かった。仮想通貨メディアCoinDeskが確認したブルームバーグのデータによると各企業の...
リップル

ビットコインが週明けに急落した3つの理由──予測のカギとなる指標

ビットコインは今月15日、5万ドルを超えると思われた直後に値を大きく下げた。価格下落の背景に、3つの要因がありそうだ。CoinDesk 20のデータによると、暗号資産のビットコインは15日午前(アジア時間)、4万9000ドル近辺から4万59...
リップル

Flare社、仮想通貨Sparkトークンの配布は21年2Q後半を想定

昨年12月、暗号資産(仮想通貨)XRP(リップル)保有者へのエアドロップで大きな関心を集めたFlareトークンのローンチ時期についてFlare社が言及。21年2Q後半を目指していることがわかった。Flareネットワークは、仮想通貨XRP(リ...
リップル

「存在感増すビットコイン、レンジ上抜けは時間の問題か」bitbank寄稿の仮想通貨週次市況と各金融市場の騰落率

今週の相場の動きは今週12日にビットコイン(BTC)価格は、505万円(48,170ドル)を記録。大手信託銀行BNYメロン参入やテスラ社のBTC購入報道など好材料が相次ぎBTCは高値を更新した。各指標の騰落率一覧2/12(金)終値時点の週間...
リップル

モルガン・スタンレー子会社、ビットコイン投資を検討:報道

モルガン・スタンレーの投資子会社で、1500億ドル(約15.7兆円)の資産を運用するカウンターポイント・グローバルが、暗号資産「ビットコイン(BTC)」への投資を検討している。ブルームバーグが関係者の話として報じた。同報道によると、同社がビ...
リップル

米SEC委員:ビットコインの上場投資商品、米国市場の準備整っている

暗号資産「ビットコイン」の上場投資商品(ETP)の開発が北米や欧州を中心に進められているが、米証券取引委員会(SEC)のヘスター・パース委員は11日、アメリカの資本市場は同商品を受け入れる準備が整っていると述べた。CoinDesk TVの番...
リップル

Uber社、ビットコインや仮想通貨を決済手段として検討する可能性

Uber社の仮想通貨に対する姿勢ウーバー・イーツなど、日本でも人気アプリを手がけるUber社のダラ・コスロシャヒCEOが11日、米CNBCの経済番組「Squawk Box」に登壇し、ビットコインに関するUberのスタンスなどを語った。業界と...
リップル

ツイッターCFO「ビットコインの導入を検討」CNBCのインタビューで

次のビットコインを購入する大企業はツイッターになるかもしれない。CNBCのインタビューでツイッター社の最高財務責任者(CFO)を務めるネッド・シーガル氏は、テスラが15億ドル分のビットコインを購入したことについて聞かれた。シーガル氏によると...
リップル

“イーサリアム・キラー”の人気上昇──時価総額はリップルを上回る

時に「イーサリアム・キラー」と呼ばれる暗号資産(仮想通貨)の「カルダノ(Cardano/ADA)」と「ポルカドット(polkadot/DOT)」 の人気が高まっている。データサイトのメッサーリ(Messari)によると、カルダノの時価総額は...
リップル

ビットコイン(BTC)ピークは数年後で価格は20倍に?バイナンスCEOが予測

最大手仮想通貨取引所バイナンス(Binance)の共同創業者兼最高経営責任者(CEO)であるチャンポン・ジャオ氏は、クリプト・バンター(Crypto Banter)とのインタビューに応えて、進行中のビットコイン(BTC)の強気相場は2024...
リップル

仮想通貨ネム、Symbolアップデート及び最終ストレステスト予定

Symbolのアップデートを実施暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)の新チェーンであるSymbolのアップデートがリリースされた。Symbol 0.10.0.6では、重要な問題への修正や、ストレステストによって新たに直近で発見された二つの問題...
リップル

プライバシー重視ブラウザ「ブレイブ」、アクティブユーザーが2020年に倍増  月間2500万人に

 ベーシック・アテンション・トークン(BAT)をもとに構築されたプライバシー中心のウェブブラウザであるブレイブ(Brave)は、2020年の間にユーザーベースが2倍以上に増加した。2月2日の発表によると、ブレイブの発表によると、ブラウザの月...
リップル

ステラ(XLM)ブロックチェーン、ステーブルコインUSDCとの統合が完了

ステラ上でUSDCが利用可能に2日、ステラブロックチェーンへのUSC Coin(USDC)の導入が予定通りに行われたことが、開発を行うステラ開発財団によって発表された。希望するユーザーはステラブロックチェーン上のUSDCを取引することが可能...
リップル

テスラの巨額ビットコイン購入で、次は●●が参入? 業界で期待高まる

 テスラ社が8日に巨額のビットコインを購入し、将来的に仮想通貨決済の導入を計画しているとの発表を受けて、業界内では、次は米アップルがビットコインを購入するのではないかと噂されている。カナダ・ロイヤル・ドミニオン証券でアナリストを務めるポール...
リップル

仮想通貨取引所バイナンス、4つのアルトコインを上場廃止へ

バイナンスの上場廃止最大手仮想通貨取引所バイナンスが新たに4銘柄の上場廃止を発表した。流動性が減少した取引ペアに限らず、該当銘柄の取引を終了する。対象となる銘柄は、Blockmason Credit Protocol (BCPT)、Cybe...
タイトルとURLをコピーしました