08年金融危機

リップル

沈黙するビットコイン長期保有者、今後の値上がりを見すえた戦略か?

暗号資産(仮想通貨)業界には、ダイヤモンドハンズという言葉があります。これは長期的保有者(LTHs)を表しますが、彼らの動きを分析したところ意外な事実が見えてきました。ビットコイン(BTC)が最高値を狙う状況にもかかわらず、彼らは静観の構え...
リップル

イーロン・マスク、トランプ氏と仮想通貨について話し合ったとの報道を否定

ブルームバーグの報道を否定イーロン・マスク氏は、2024年共和党大統領選の最有力候補ドナルド・トランプ氏と「仮想通貨について話し合った」というブルームバーグ報道に反論しその内容を否定した。マスク氏は、ブルームバーグの報道を参照した投稿に反応...
リップル

米財務省、NFTを「●●や詐取に非常に利用されやすい」と表現

米財務省が初めて、詐欺などの犯罪を実行する手段としてのNFTについてのリスク評価を行った。財務省は、NFTプラットフォームにはマネーロンダリングや制裁回避に対抗するための「適切な管理が欠如している」と判断した。米財務省は、不正な金融に関して...
リップル

「次に最高値を更新するのは●●!」 仮想通貨アナリストが指摘

イーサリアム(ETH)はビットコイン(BTC)が価格発見に再突入する前に、新たな史上最高値を更新する可能性がある。トレーディング企業MNトレーディングの創設者兼CEOであるミカエル・ヴァン・デ・ポッペ氏の最新の市場分析によれば、ETH/US...
リップル

アメリカの有権者の●分の1が候補者の暗号資産への見解を考慮して投票:最新調査

ハリス・ポールによるアメリカの有権者の意識調査で、33%が暗号資産への姿勢は候補者の支持につながると回答した。ビットコインが何であるかは、今やほぼすべての人が知っており、多くの人が暗号資産が自分たちの経済的未来に関わると考えていると報告され...
リップル

トランプ氏テーマのミームコイン使い、3日間で●●ドルの荒稼ぎしたトレーダー現る

巧妙なトレーダーが、ドナルド・トランプ元大統領をテーマにしたマガ(TRUMP)ミームトークンで、わずか3日間で270万ドルの利益を得た。ウォレット「0x303」として知られるこのミームコイントレーダーは、5月25日に6億MAGAトークンを購...
リップル

イーサリアムETF ビットコインETFとは承認プロセスに違い

米証券取引委員会(SEC)は5月23日に現物型イーサリアム上場投資信託(ETF)を承認したが、その承認プロセスは1月に承認されたビットコインETFとは若干異なっていた。現物型ビットコインETFはSEC委員長ゲイリー・ゲンスラー氏を含む5人の...
リップル

2025年は「仮想通貨規制にとってより良い年になる」 業界専門家らが予測

ここ数年、仮想通貨に対する規制の逆風が続いてきたが、業界専門家は2025年にはより友好的な規制環境が期待できると見ている。「2025年は仮想通貨政策にとって良い年になるかもしれない」と、ブルームバーグのシニア政策アナリストであるネイサン・デ...
リップル

仮想通貨取引所●●のCEO、破綻の噂を否定ー保有資産の証拠も共有

海外仮想通貨取引所バイビットのCEOであるベン・ジョウ氏が、同取引所から大量の資金が流出し破産しているという噂を否定した。そもそもバイビットが破綻しているという噂が広まったのは、取引所が保有するユーザー資金である「準備金」推移をしめすグラフ...
リップル

熱狂がさめたビットコインルーンズ トランザクションは●●%減

ビットコインのルーンズ(Runes)プロトコルは、ビットコイントランザクションのシェアを維持するのに苦戦している。4月20日のローンチ以来、ルーンズのトランザクションは週末を中心に8日間にわたりビットコインブロックチェーンのトラフィックを支...
リップル

「30年までに●●兆円相当のトークンがアンロックを予定」バイナンス、プロジェクト支援を発表

持続可能な仮想通貨市場を暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)は20日、Web3の優秀なプロジェクトに対し、バイナンスの上場プログラムに応募するよう呼びかけた。ユーザーを最も重要視しながら、健全で持続可能な市場環境を構築するこ...
リップル

XRPLのオンチェーン取引が前四半期から倍増

XRPレジャー(XRPL)のオンチェーン取引が2024年第1四半期に前四半期比で108%増加し、平均取引コストが45%削減されたことが、リップルの最新XRP市場レポートで明らかになった。2024年第1四半期には約2億5139万件の取引がXR...
リップル

1000万円の投資が●●億円にー仮想通貨BOMEのクジラトレーダーが怪しげな動き

1000万円の投資が半月で12億円ー。謎のトレーダーがミームコインで驚異的なリターンを上げている。話題になっているのは「sundayfunday.sol」(日曜日は楽しい日)というおどけたあだ名のついたソラナウォレットだ。仮想通貨相場分析で...
リップル

中国のデジタル人民元 香港でパイロットプログラムを開始 | 中国本土外では初

中国人民銀行の中央銀行デジタル通貨(CBDC)であるデジタル人民元のパイロットプログラムが香港で開始された。香港金融管理局(HKMA)は5月17日、デジタル人民元パイロットプログラムの開始を発表し、これにより中国本土外で初めてデジタル人民元...
リップル

「仮想通貨相場上昇の鍵は今も●●経済」コインベース分析

仮想通貨相場分析大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは17日、週刊レポートを公開し、仮想通貨のパフォーマンスの鍵となるのは引き続きマクロ経済の動向であるとの見解を示した。4月の米CPI(消費者物価指数)の結果によってビットコインが反発...
リップル

バイナンスに新規上場した仮想通貨 ●割が上場後に下落:過去6か月間の31トークンを調査

世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンスに新規上場された仮想通貨の80%以上が、現在赤字となっている。過去6カ月間に上場されたトークンのうち、価値が上昇したのはわずか5つであり、投資家にとって新しい仮想通貨への投資がリスクを伴うことを示唆し...
リップル

ビットコインETFは「大成功」 ビットワイズ最高投資責任者はさらなる投資増加に期待

今週SECに提出された13F報告書によって、現物型ビットコイン上場投資信託(ETF)を購入しているのは誰か、そしてそのポジションサイズはいくらなのかが明らかになった。ビットワイズの最高投資責任者マット・ホーガン氏はビットコインETFの成功を...
リップル

米トランプ前大統領「米国は急成長する仮想通貨業界のリーダーでなければならない、2位はありえない」

仮想通貨擁護の姿勢を強調米共和党大統領候補のドナルド・トランプ氏は25日、ソーシャルメディアプラットフォームTruth Social(トゥルース・ソーシャル)に暗号資産(仮想通貨)を支持する声明を掲載した。I AM VERY POSITIV...
リップル

世界初の●●コインカンファレンス「MEMECON」、ポルトガル・リスボンで開催

ミームコインをテーマにした世界初のカンファレンス「MEMECON」が5月28日から30日(現地時間)、ポルトガル・リスボンで開催される。ミームをモチーフにジョークとして作られたドージコイン(DOGE)、それを模倣した柴犬コイン(SHIB)が...
リップル

●●のエアドロップは「ポイント」人気の終焉を告げるかもしれない

おそらくこれまでで最も注目された暗号資産(仮想通貨)のエアドロップは、必ずしも開発者たちが期待したような熱狂的な盛り上がりにはなっていない。アイゲンレイヤー(EigenLayer)はイーサリアム上のリステーキングプラットフォームで、ユーザー...
リップル

デルのデータ流出、13,000人の従業員を解雇 – サイバーハックは回避できたか?

キーポイントデルの顧客情報4,900万件がデータ・セキュリティ侵害で流出。デルは、同社のポータルの一つから情報が盗まれたことを確認した。このデータ流出は、デルの大幅な人員削減を受けたものである。テクノロジー大手のデルは木曜日、顧客の名前と物...
リップル

ビットコインのオーディナルズやルーンズ 仮想通貨マイナーを引き留める鍵に

仮想通貨マイニングプールによれば、ビットコインの半減期が進む中、オーディナルズやルーンズ、BRC-20などのアプリケーションからの取引手数料が、マイナーを引き留める鍵となるだろう。「ビットコインネットワークの進化は、ユースケースの拡大とユー...
リップル

米金融大手JPモルガン 複数の現物型ビットコインETFに投資=SECに報告

米国の金融会社JPモルガン・チェースは、グレイスケール、プロシェアーズ、ビットワイズ、ブラックロック、フィデリティが提供するビットコイン上場投資信託(ETF)への投資を明らかにした。5月10日に米証券取引委員会(SEC)への提出資料で、JP...
リップル

ノットコインに注目集まる 主要な仮想通貨取引所が上場準備進める

テレグラムのミニアプリとして統合されたプレイ・トゥ・アーンゲームおよびトークンのノットコイン(NOT)が、主要な仮想通貨取引所がトークンの上場準備を進める中、注目を集めている。仮想通貨取引所バイビットは5月9日、ノットコインのプラットフォー...
リップル

ミームコインの需要はかつてないほど高い──暗号資産アナリストが指摘

匿名アナリストのCrypto Coryo氏によると、CoinMarketCapは4月に138のミームコインの登録を記録した。投機筋はぺぺコインとドッグウィフハットに狙いを定めている。ミームコインの季節は、ビットコイン(BTC)の上昇が停滞し...
リップル

円安がビットコインに追い風となる? スワンビットコインの幹部が指摘

日本円の下落が米国債に「大惨事」をもたらす可能性があり、その結果、投資家が代替の価値貯蔵手段を求める中でビットコイン(BTC)にとって追い風になるかもしれない。スワンビットコインの幹部がこのように指摘する。「これは日本と米国にとって大惨事と...
リップル

強い米ドル、だがアメリカは米ドルのコントロールを失うかもしれない?

今、米ドルの優位性を誇張することは難しい。米国経済が絶好調というだけではない。米ドルは国際的な商取引において、米国の経済的ポジションを超えたレベルで優先的に選ばれている。米国経済は世界のGDPの約25%を占めており、この数字は40年以上変わ...
リップル

バフェット氏、自身のディープフェイク動画に衝撃「AI詐欺は史上最大の成長産業」懸念示す

米国でトップ10の富豪で、バークシャーハサウェイ社のウォーレン・バフェット会長がAIについて語った。バフェット氏は同社の本社があるネブラスカ州オマハで開催された株主総会で「AIについては何も知らないが、その存在や重要性を否定するわけではない...
リップル

サウジアラビアがWeb3に注力、ドバイに対抗できるか?

中東はWeb3で躍進している。アラブ首長国連邦(UAE)では、ドバイの仮想資産規制庁(VARA)などのデジタル資産規制機関や、アブダビの国際金融センター兼経済特区アブダビ・グローバル・マーケット(ADGM)などが誕生した。ADGMを拠点とす...
リップル

ミームコインの魅力 仮想通貨やDeFiにとって大きな価値がある=シンセティックス創設者

シンセティックス創設者のカイン・ウォリック氏によれば、仮想通貨市場でのミームコイン取引は、分散型金融(DeFi)のトレーダーの流入を呼び込み、分散型取引所(DEX)にとって大きな価値がある。ウォリック氏は「ミームコインは純粋な投機だという議...
タイトルとURLをコピーしました