08年金融危機

リップル

ウォルマート、ビットコインATMを密かに設置──偽プレスリリース騒動で発表は見送り

売上高世界最大の小売店、米ウォルマート(Walmart)は、アメリカ国内の数十店舗でビットコイン(BTC)を販売している。買い物客は、同社の巨大な店舗にあるコインスター(Coinstar)の端末でビットコインを購入できる。CoinDeskは...
リップル

暗号資産ファンド、約15億ドルの記録的な流入超──ビットコイン先物ETFが後押し

先週、暗号資産ファンドは14億7000万ドル(約1670億円)の記録的な流入超となった。暗号資産市場の上昇とアメリカ初のビットコイン先物ETF(上場投資信託)の取引開始が後押ししたと、コインシェアーズ(CoinShares)が25日発表した...
リップル

米VanEckのビットコイン先物ETF、早ければ25日に上場か──SECが承認

米資産運用会社のVanEckが計画しているビットコイン先物ETF(上場投資信託)が、早ければ10月25日にも米国内の証券取引所に上場する可能性が高まった。実現すれば、米国では2つ目となる暗号資産先物ETFの取引が始まる。VanEckは20日...
リップル

Chainalysis、ビットコインの購入計画を発表

ビットコイン購入を発表ブロックチェーン分析企業「Chainalysis」は19日、企業の資産として暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)を購入すると発表した。これが企業として初めての仮想通貨購入になるとしており、今後は他のデジタル資産を...
リップル

米大手証券会社Interactive Brokers、投資アドバイザーに仮想通貨取引サービス提供

投資アドバイザーにビットコインの取引を提供開始米ナスダック上場の大手証券会社Interactive Brokers(インタラクティブ・ブローカーズ)は18日、投資アドバイザー向けに暗号資産(仮想通貨)の取引および保管サービスを提供することを...
リップル

柴犬コインの回復力を支える個人投資家

自称ドージコインキラーの柴犬コイン(SHIB)を支えるコミュニティー「柴アーミー(SHIBArmy:柴軍団)」について、少しは世間に知られている。しかし、その柴アーミーがどれほど強力なものとなり得るか、世間は理解していただろうか?大半の機関...
リップル

ビットコイン上昇の後押し、ETFよりもインフレヘッジ:JPモルガン

今週、取引が開始されたアメリカ初のビットコイン先物ETFは、ビットコイン(BTC)価格を史上最高値まで押し上げた可能性はあるが、むしろビットコインがゴールド(金)よりもインフレヘッジとなると認識されていることが、より大きな要因だろうと、米銀...
リップル

「六本木の焼肉店でフォビトークン決済」仮想通貨取引所フォビジャパンが導入

焼き肉店でHT決済国内暗号資産(仮想通貨)取引所フォビジャパンは15日、独自仮想通貨フォビトークン(HT)の実需決済を開始したことを発表した。東京・六本木の焼き肉店において、期間限定でHTでの決済を行うことができるようになったという。実需決...
リップル

米取引所コインベースがNFTマーケットプレイスをオープン、ソーシャル機能も追加予定

アメリカの仮想通貨取引所であるコインベース(Coinbase)は10月13日、NFT(非代替性トークン)のマーケットプレイスをオープンすると発表した。公式サイトのよくある質問によると、2021年内に一般公開する予定だという。「ユーザーフレン...
リップル

NBAスター選手が立ち上げたメディアBoardroomとDapper Labsが提携

NBAのスターと提携へDapperLabsが開発するNBA Top Shotは10月13日、NBAのプロバスケットボール選手、ケビン・デュラント氏が立ち上げたスポーツメディア、Boardroomとのパートナーシップを締結したことを発表した。...
リップル

ビットコインETF上場で今後の行方は? 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)

BTC/USDTビットコインの10月17日のローソク足の下ヒゲは、押し目での強い買いを示している。強気派は10月18日に10月15日の高値である62,933ドルを上回ろうとしたが、失敗に終わった。これは、弱気派が62,933ドルから64,8...
リップル

ビットコイン、採掘シェアは米国1位に=英ケンブリッジ大学の最新データ

ビットコインの採掘シェア英ケンブリッジ大学傘下の独立プロジェクト「CBECI」は13日、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)のマイニング(採掘)に関する最新データを発表した。今回発表されたのは2021年8月のデータ。中国が仮想通貨の規...
リップル

DeFiプロトコルCreamとYearn、Iron BankをFantom上でローンチへ

Iron BankがFantom上にCream Finance(C.R.E.A.M. Finance)は、予てより提携していたYearn Financeとの提携の次の段階として、Iron BankをFantom上でローンチしたことを発表した...
リップル

イーサリアムL2ソリューション「Arbitrum」、超高速版のNitroを発表

より高速の「Arbitrum Nitro」仮想通貨イーサリアム(ETH)のレイヤー2ソリューション「Arbitrum(アービトラム)」は12日、桁違いに高速とするネットワーク「Arbitrum Nitro」の開発に取り組んでいることを明かし...
リップル

16億ドル相当のビットコインを買ったのは誰か?その理由は?

長時間のドライブ中の小さな子供のように、暗号資産(仮想通貨)市場は先週、絶えず面倒な質問をし続けていた。「なぜ?」と。具体的には、10月6日の数分間で、16億ドル(約1800億円)相当もの大量のビットコイン(BTC)を誰がなぜ買ったのか?多...
リップル

米SEC、ビットコイン先物ETFを間もなく承認か=ブルームバーグ報道

ブルームバーグの報道によれば、ビットコイン上場投資信託(ETF)が間もなく承認される可能性がある。ブルームバーグは「この問題に精通した人物」の話として、米証券取引委員会(SEC)が米国で最初のビットコイン先物ETFを承認する準備が整っている...
リップル

チャート上では上昇トレンドへの転換が示唆、ビットコイン最高値700万円も視野に

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)2日〜8日レポート:今週のビットコイン(BTC)対円相場は、週明けから上値を追う展開を繰り広げ、8日正午時点ではおよそ5ヶ月ぶりに節目の600万円を回復している。バイデン米大統領が米国のデフォ...
リップル

暗号資産普及でトップにランクインしたアジアの国々:チェイナリシス・インデックス

ブロックチェーン分析企業のチェイナリシス(Chainalysis)が発表する2021年版「Geography of Cryptocurrency(暗号資産の地理学)」レポートでは、新興市場におけるダイナミックなトレンドに焦点を当て、世界中の...
リップル

2021年10月13日 初級セミナー(動画)最近の価格上昇も踏まえて… 恒例のお勧めの仮想通貨(暗号資産)

■最近の米国の投資家の傾向"ビットコインへのセンチメントが好転したのは、米国でビットコインETFを認める可能性があるという、SECのゲイリー・ゲンスラー議長の建設的な発言によるものだと考えています。"この発言から機関投資家はBTCに資金をつ...
リップル

ビットコインはキャズムを超えた?高まるアニマルスピリッツ

ビットコインは4日続伸して一時5万5000ドルをつけた後、小休止モードに入った。仮想通貨投資家が代わりにマネーを投下したのはアルトコインだ。10月6日(UTC時間)にビットコインのドミナンス(時価総額全体に占める割合)が2ヵ月近くぶりに45...
リップル

ビットコイン高騰で5ヶ月ぶり水準の600万円台に、機関投資家の流入加速

伝統金融市場の値動き日本国内のガソリン代が全国平均160円を超えるなど、およそ3年ぶり水準まで上昇した。背景にあるのが、新型コロナウイルスのワクチン接種が進んだことによる世界的な経済活動再開に伴う、石油需要の上昇だ。米ニューヨークの原油先物...
リップル

ジョージ・ソロス設立のヘッジファンド、ビットコインなど仮想通貨の保有を認める

ソロス・ファンドCEO、仮想通貨保有明かす世界の3大投資家の一人であるジョージ・ソロス氏が設立したSoros Fund Management社のDawn Fitzpatrick CEOは6日、ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)...
リップル

2013年のデジャブ?ビットコイン、年末ラリーに向けて好材料揃う【Krakenリサーチ】

9月のビットコイン(BTC)は7%のマイナスと、5月以来で最悪のパフォーマンスだった。9月はビットコイン史上最も成績の悪い月であることに加えて、中国による暗号資産(仮想通貨)サービス全面禁止の発表が重しとなった。中米のエルサルバドルによるビ...
リップル

ポリゴンのアクティブ・ユーザー数、イーサリアム超え

イーサリアム(ETH)ブロックチェーンのレイヤー2ソリューション「ポリゴン(Polygon)」のアクティブユーザー数が爆発的に増加している。polygonscanのデータによると、ポリゴンの1日あたりのユニーク・アクティブ・アドレス数は10...
リップル

下降トレンド続いたビットコイン、センチメント転換の分岐点に突入か

各指標の騰落率一覧1日の終値時点の週間騰落率は、以下のようになった。週間騰落率(CoinPost作成)月初来騰落率月間騰落率(CoinPost作成)年初来騰落率年間騰落率(CoinPost作成)(今週の騰落率は、先週の終値、今週の終値を用い...
リップル

IMF(国際通貨基金)、仮想通貨の規制強化を促す

IMF、仮想通貨のリスクを指摘国際通貨基金(IMF)は1日、暗号資産(仮想通貨)の普及が金融の安定性に与える影響について考察した「Global Financial Stability Report」というレポートを公開した。レポートでは仮想...
リップル

5万ドルのビットコインは「究極のベアトラップ」 BTC価格は上昇なるか

ビットコイン(BTC)は5万ドル付近で推移するなか、その動きは「究極の」ベアトラップではないかとの声が上がっている。ベアトラップとは、相場が下落しサポートを下抜けたことで、さらに下落するとの予想に反して、反発することだ。人気トレーダー兼アナ...
リップル

シンガポール、2社に仮想通貨関連ライセンスを付与

2社が決済サービス法ライセンス取得シンガポール大手銀行DBS傘下の証券会社DBS Vickersおよびオーストリア発の仮想通貨取引所Independent Reserveは1日、シンガポールの金融庁(MAS)から、決済サービス法における「主...
リップル

分散型金融、ロックされた価値は1年で936%増加 | NFTも大きく成長=DappRadar

分析プラットフォームのDappRadarの新しい調査によると、分散型金融(DeFi)と非代替性トークン(NFT)市場が大きく成長したことが明らかになった。DappRadarの9月30日のバリューフローレポートによれば、NFTとブロックチェー...
リップル

スイス初、FINMAが仮想通貨ファンドを承認

スイス初の仮想通貨ファンドスイスで、初めて暗号資産(仮想通貨)ファンドが規制当局FINMAによって承認されたことがわかった。ファンドを提供するのは、同国の仮想通貨投資企業Crypto Finance AGで、同国の証券取引所SIX Swis...
タイトルとURLをコピーしました